2024年パリオリンピック特集はこちら!

唐澤拓海が箱根駅伝から外れた理由は?駒大エントリー選手についても

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

2023年12月11日に第100回箱根駅伝大会の選手エントリーが発表されましたね!

最強といわれる駒澤大学のエントリーに注目が集まったのですが、主力といわれていた

4年生の唐澤拓海選手がエントリーから外れてしまったんです。

今回はなぜ唐澤拓海選手が箱根駅伝のエントリーから外れてしまったのか調べてみました。

目次

駒澤大学・唐澤拓海選手が箱根駅伝エントリーから外れた理由は?

第98回の箱根駅伝大会では、1区で好走を見せ2位と大健闘した唐澤選手。

そんな主力級の走りを見せた唐澤選手が、なぜ今回の箱根エントリーから外れてしまったんでしょうか。

唐沢拓海選手
出典:4years

①足のケガのため

唐澤拓海選手が箱根駅伝のエントリーから外れたのは、

2022年3月に起こった左ひざの負傷とその後のアキレス腱の故障

にあると思われます。

左ひざ故障後もレースの予定があったことから、治しては痛めることの繰り返しだったという唐澤選手。

気づけば2023年4月の世田谷陸上競技会までの1年間は走ることから離れていたようです。

すでに怪我は治ってはいるという唐澤選手。

今回の箱根駅伝エントリーから外れたのは、1年間のブランクが大きかったのではと推測しています。

②ベストコンディションではなかった

2023年12月11日に発表された、箱根駅伝エントリー選手。

駒澤大学の藤田敦史監督は、発表時に

「非常に状態のいい16人を入れることができた」

と語っていました。

この言葉から唐澤選手がベストの状態ではなく、ほかの有力選手の状態がよかったことが分かります。

藤田監督は、往路・復路・総合すべてで『優勝』を狙っており、選手の選考も相当厳しかったのではないでしょうか。

【2023年12月21日追記】

Yahooニュースに、唐澤拓海選手が自ら箱根合宿を辞退したとの記載がありました。

箱根の合宿に入る前、唐澤は藤田敦史監督に「今回は厳しい」と選考合宿を辞退する旨を伝え、メンバーから外れることになった。

引用元:Yahooニュース
マロ

相当悔しかっただろうね

あふぃ

脚の調子がよくなかったみたい・・

駒澤大学・第100回箱根駅伝エントリー選手について

駒澤大学陸上部
出典:スポーツナビ
駒澤大学・第100回箱根駅伝エントリー選手
4年生赤津 勇進日立工高・茨城
赤星 雄斗洛南高・京都
金子 伊吹藤沢翔陵高・神奈川
白鳥 哲汰埼玉栄高・埼玉
鈴木 芽吹佐久長聖高・長野
花尾 恭輔鎮西学院高・長崎
安原 太陽滋賀学園高・滋賀
3年生小牧波亜斗洛南高・京都
篠原倖太朗富里高・千葉
庭瀬 俊輝大分東明高・大分
吉本 真啓世羅高・広島
2年生伊藤 蒼唯出雲工高・島根
帰山 侑大樹徳高・群馬
佐藤 圭汰洛南高・京都
山川 拓馬上伊那農高・長野
1年生小山 翔也埼玉栄高・埼玉
あふぃ

1年生でエントリーしてる小山選手気になるね!

マロ

総合優勝狙ってほしい!

駒澤大学・唐沢拓海選手が箱根駅伝から外れた理由は怪我の影響大

今回は駒澤大学4年生の唐澤拓海選手がなぜ箱根駅伝のエントリーから外れてしまったのか、紹介しました。

おそらく2022年3月にケガからの約1年間のブランクが相当影響していると思われます。

大学最後のラストイヤーだったので、唐澤選手の走る姿を楽しみにしていましたが仕方ないですね。

唐澤選手も相当悔しいと思いますが、変わらず駒澤大学を応援したいです!

ブログランキング

よかったらシェアお願いします
目次