2024年パリオリンピック特集はこちら!

【なぜ】松井稼頭央監督が休養は病気ではない!事実上のクビって本当?

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

西武ライオンズを指揮する松井稼頭央監督

なんと2024年5月26日のオリックス戦を最後に、休養に入ることが発表されました。

リーグ戦途中のこの発表は、チームに影響がないか本当に心配ですよね。

今回は松井稼頭央監督は、なぜ休養を取るのか調べてみました。

目次

松井稼頭央監督が休養する理由は病気ではない!

松井稼頭央監督
Yahoo

休養するのは病気が理由ではなさそう

突然発表された、松井稼頭央監督のリーグ戦途中の休養発表

「病気なの?」と心配になった方もいるかもしれませんが、どうやら病気や療養が理由ではなく、西武ライオンズの関関不振の責任を取ったということのようです。

松井稼頭央監督はリーグ戦途中の指揮官交代について、このように発表しています。

何とか巻き返しを図ろうと、コーチや選手たちとともに戦ってまいりましたが、指揮をシーズン途中で渡辺GMに託すこととなりました。」

Yahoo

この発表ではとくにご自身が病気や療養が必要ということは、言われていませんでした。

西武の監督を去年から引っ張ってきた松井監督ですが、成績が低迷しており今回の休養はそれが原因の可能性が高いといえるでしょう。

松井稼頭央監督休養後はどうなるの?

松井稼頭央監督が休養に入ったあとの西武ライオンズは、渡辺久信GMが監督代行を務めます。

渡辺久信GMは「プロ野球人生をかけてやっていく」と覚悟をきめて引き受けたそうです。

世間の声を調べてみると、

「松井稼頭央監督の休養発表は想像できたけど、渡辺久信GMが監督代行は想定外だった」

都という声がいくつかありました。

渡辺久信GM主な経歴
  • わたなべひさのぶ
  • 1965年8月2日生まれ
  • 1983年ドラフト1位 (投手)
  • 1984年-1997年 西武ライオンズ
  • 1998年 ヤクルトスワローズ
  • 1999年-2001年 嘉南勇士(かなんゆうし)/台湾のプロ野球チーム
  • 2001年 現役引退
  • 2004年 西武二軍投手コーチ
  • 2007年 西武二軍監督
  • 2008年 西武一軍監督
  • 2013年 西武ライオンズ監督辞任
  • 2019年-西武ライオンズ球団本部GM就任
マロ

現役時代も西部で活躍していた方なんだね

松井稼頭央監督が休養は事実上のクビって本当?

プロ野球監督の休養は、事実上のクビ宣言といわれています。

ですので今回の西武・松井稼頭央監督も成績不振による監督交代(クビ)ということでしょう。

これまでにシーズン途中に休養が発表された、プロ野球の監督たちを調べてみました。

監督休養発表時期理由
岡田彰布さん2012年9月末オリックスの成績不振
谷繁元信さん2016年8月中日の成績不振
高田繁さん2010年ヤクルトの成績不振
梨田昌孝さん2018年6月楽天の成績不振
森脇浩司さん2015年5月オリックスの成績不振

監督の休養を発表するのは、自らチーム不振の責任を取るということです。

球団側から言われる監督もいれば、自ら休養を申し出る監督もおり、その後は辞任という流れが一般的のようです。

しかし現在阪神の岡田監督は、オリックスの成績不振で休養していましたが復帰して2023年は阪神をリーグ優勝に導きました!

岡田監督のように過去に監督休養となっても、再度監督に復帰することはできるようです。

松井稼頭央監督が休養についてSNSの声は?

今回の西武ライオンズ松井稼頭央監督の休養発表について、SNSの声を調べてみました。

SNSには西武ライオンズんの成績不振の責任を取った、松井稼頭央監督に対する同情の声がたくさんありました。

成績の不振が全て監督の肩にのしかかる重圧やプレッシャーと闘いながら、プロ野球の監督を務めないとならないんですね。

勝負の世界の厳しさを目の当たりにした気がします。

ブログランキング

よかったらシェアお願いします
目次