2024年パリオリンピック特集はこちら!

樋口黎の父親は元レスリング選手?実家の家族や両親の職業を調査

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

2016年リオオリンピック以来、二度目のオリンピック出場が決定した樋口黎(ひぐち れい)選手!

パパになって初めてのオリンピックということで、家族の声援が励みになりそうですね。

今回は樋口選手の父親やご両親の職業実家の家族について調べてみました。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

樋口黎選手の父親は元レスリング選手って本当?

樋口黎選手
Instagram

樋口黎選手の父親が、元レスリング選手という情報はありませんでした。

しかし、樋口選手の父親はレスリングクラブのコーチをしていることがわかりました。

指導者という立場であることから、レスリング経験者ではないかと推測ができます。

ちなみに樋口選手の奥様の田邊優貴さんもレスリング経験者であり、優貴さんのお父さんもレスリング経験者だそうです。

実の父も義理の父も、レスリング経験者だとしたら、すごくかっこいいですね!

樋口黎選手の実家の家族について

樋口黎選手の実家の家族
毎日新聞

樋口黎選手の実家は大阪府茨木市にあります。

家族構成

  • 父:篤さん
  • 母:容子さん
  • 樋口黎選手
  • 妹:耀(ひかり)さん

樋口選手は4人家族で、3歳年下の妹と2人兄妹だということがわかりました。

妹の耀さんもレスリング選手?

妹の耀さんは、現役の女子レスリング選手という情報があります。

香ヶ丘リベルテ高等学校に在学していた頃は、3年の夏のインターハイで女子52キロ級3位の成績を残しています。

現在は日本体育大学へ進学し、女子レスリング55キロ級の選手として活躍されているようです。

幼い頃から兄妹共にレスリング選手として、お互いを高め合いながら成長してきたのでしょう。

オリンピックでの兄妹共演も、そう遠くはないかもしれません。

耀さんのこれからの活躍もたのしみですね!

樋口黎選手のご両親の職業は?

樋口黎選手
日刊スポーツ

樋口黎選手の父親は、大阪府堺市の「堺ジュニアレスリングクラブ」でコーチをしていることがわかっています。

しかし、母親についての詳しい情報は見つかりませんでした。

樋口選手のかわいらしい顔立ちから、お母さまもきっとキュートでお綺麗ではないかと想像できます。

レスリング兄妹を育て上げた、可愛くもかっこいいお母さまなのでしょうね!

樋口黎選手レスリングを始めたきっかけ

樋口黎選手
日本レスリング協会

樋口黎選手は、レスリングを始めたきっかけについてこう語っています。

4歳の時に、身体が小さくていじめられるのではないかと心配した母が、近くのレスリング教室にいれてくれたようです。

広報あみ

レスリングを始めたきっかけは母親の親心だったようです。

また、父親がレスリング経験者ということも影響しているでしょう。

樋口選手は4歳の時に「吹田市民レスリング教室」でレスリングを始めています。

「身体が小さいから」と心配されていた樋口選手も、小学校時代は全国大会で5回の優勝を勝ち取るほどの無敵な存在だったようです。

樋口黎選手は実家の家族からも声援をうけてパリ五輪で金を狙う

今回は実家の家族(父親・母親)や、レスリングを始めたきっかけについて調べてみました。

まとめ

  • 実家は大阪府茨木市
  • 樋口選手の父は「堺ジュニアレスリングクラブ」のコーチ
  • 妹も現役女子レスリング選手
  • レスリングを始めたきっかけは母の親心から

得意技は「片足タックル」と「アンクルホールド」だという樋口選手。

樋口選手はパリオリンピック出場についてに意気込みをこう語っています。

「一分の隙もなく、練習や食事の管理、生活のあり方など、すべてを徹底してパリでの金メダルにつなげたい」

NHK

リオオリンピックの頃から大きく飛躍したであろう樋口選手。

家族の声援を力に変え、いい試合をみせてほしいと思います。

パリオリンピックはもちろん、これからの樋口選手の更なる活躍を期待したいですね!

ブログランキング

よかったらシェアお願いします
目次