2024年パリオリンピック特集はこちら!

プロ野球選手会未加入選手は誰?メリット・デメリットや脱退後についても

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

ロッテの佐々木朗希選手の契約更改についてニュースになったと同時に、

2023年シーズンはプロ野球選手会を脱退していたということも取り上げれ、世間の注目を集めています。

今回はプロ野球選手会に未加入の選手はいるのか、加入のメリット・デメリット脱退後のことについても調べてみました。

目次

プロ野球選手会に未加入の選手は誰?

プロ野球12球団のロゴマーク
出典:PR TIMES

早速プロ野球選手会未加入選手について、調べてみました。

ロッテ佐々木朗希選手の他、複数いる

基本的にプロ野球選手会への加入は任意です。

しかし現在のところ、日本人プロ野球選手はほぼ全員加入しているのが現状のようです。

選手会未加入選手(2023年)

  • 千葉ロッテ・佐々木朗希選手
  • 千葉ロッテ・澤村拓一選手
  • オリックス・平野佳寿選手
  • 楽天・田中将大選手
  • ソフトバンク・有原航平選手
  • 広島カープ・秋山翔吾選手

上に挙げた選手以外にも、プロ野球選手会に未加入選手はいます。

主に、メジャー帰りの選手は選手会には加入していない傾向があるようです。

報道によると、ロッテの佐々木選手は2023年のキャンプ前には脱退の申し出ていました。

佐々木選手からの脱退申し出を受けて、森忠仁事務局長はこう語っています。

率直に言ったら、情けないと思うし、寂しいというところ。
(中略)

後からこういう選手が出てこないように、先輩たちが築いてきたように、選手ファーストに変えていかないといけないのも一つある

引用元:Yahooニュース

プロ野球選手会に加入するメリット・デメリット

プロ野球選手会のロゴ
出典:プロ野球選手会

1985年労働組合として認定された、プロ野球選手会。

以降、NPB支配下の選手はほぼ加入しているといわれる選手会ですが、

改めて加入のメリット・デメリットを調べてみました。

プロ野球選手会に加入するメリット

メリットとしては、

  • 労働組合として球団側に待遇改善などの意見ができる
  • FA交渉やポスティング交渉では選手を尊重して助けてくれる
  • 選手が野球をやりやすい環境を作れる
  • 退団金共済制度もありキャリア後に備えて積み立てができる
  • 引退時にNPBから100万円が支給される

ということが主に挙げられると思います。

元プロ野球選手の金村曉氏は、今回の佐々木朗希選手の選手会脱退については、

ポスティング交渉など有利に働くから選手会は朗希にとってメリットしかないのに・・

と動画で語っていました。

佐々木選手の今後がどうなるか分かりませんが、選手会に再加入もあるのかが気になりますね。

プロ野球選手会に加入するデメリット

デメリットとしては、

  • 選手会の方針に従うことが多くなる
  • 組合費が発生する

ということになるでしょう。

プロ野球選手会の組合費の用途については、選手会事務局長の森忠仁さんがこう語っていました。

会員から会費を集めて闘争資金として積み立てています。ストライキになった場合、ストライキ日数分が年俸カットになる可能性がありますが、そうした減額分を補填できるように備えています。

出典:四季報
マロ

組合費は闘争資金として貯められてるのか!

あふぃ

2004年に初めてストライキしたよね

ロッテの佐々木朗希選手の2023年の年俸は、8000万円でした。

ロッテの高卒新人4年目として史上最高額でもあったので、選手会の組合費が理由で脱退したとは考えにくいですね。

ショコ

なんで脱退しちゃったんだろう・・

プロ野球選手会を脱退したらその後どうなる?

プロ野球選手会の集まり
出典:デイリースポーツ

選手会を脱退したからといって、特に大きな違いはないようです。

選手会からのサポートは期待できなくなったり、選手会が主催する行事には参加できなくなったり・・ということは考えられます。

あの落合博満さんも、現役中の1992年に選手会を脱退した一人です。

まだ発足したばかりの選手会を脱退した落合さんは、翌年選手会がNPB機構から勝ち取ったFA権を初めて行使した選手でもあります。

ショコ

選手会じゃなくても選手会の権利を使えたってこと?

あふぃ

そういうことになるね

プロ野球選手会への加入は任意。加入していない選手も複数いる

今回は話題になっている、日本プロ野球選手会について少し調べてみました。

まとめ

  • メリットは労働組合として個人では戦えない球団側へ意見ができる
  • デメリットは選手会の方針に疑問があっても従う場面が出てくる
  • プロ野球選手会は組合費が発生する
  • 組合費は球団側と闘う日のために貯められている
  • 脱退したからといって目に見える変化は特にない

佐々木朗希選手もようやくロッテとの契約合意となり、2024年はチームの勝利に貢献したいと言っていました。

契約については色々ありましたが、2024年はさらに活躍してほしいですね。

ブログランキング

よかったらシェアお願いします
目次