パリ五輪日本のイケメン選手はこちら!

【年収】白井空良はミリオネアなの?スポンサーや大会賞金を調査

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

プロスケートボーダーとして国内だけでなく、海外でも多数の賞をとっている白井空良(しらいそら)選手。

まだ22歳と若い選手ながらも、年収が「億を超えるミリオネアなのでは?」という声があるようです。

そんな若き才能あふれる白井空良選手の年収について、スポンサーや大会賞金をもとに調査してみました。

目次

【年収】白井空良選手がミリオネアって本当かも!

白井空良選手の年収が億を超えるのでは?と言われる理由について、いくつか紹介していきます。

理由①スポンサー契約の数

白井選手は、現在8社とスポンサー契約を結んでいます。

中には大手メーカーNIKE SBやムラサキスポーツも含まれており、知名度も上がってきた白井選手の契約金の高さが気になるところです。

2021年の東京オリンピックで金メダルを取った堀米優斗選手はスポンサーが13社で、大会賞金なども合わせると年収は10億円にものぼるともいわれています。

白井選手も8社と堀米選手よりは少ないですが、割合からしてもスポンサー料だけで1億円超えるということも考えられますね。

理由②NIKEとのスポンサー契約

白井選手はNIKE SBとスポンサー契約を結んでいます。

NIKE SBとはNIKEの中でスケートボード専門の商品を扱う、ブランドです。

現在世界ランキングトップに座る、ナイジャヒューストン選手はNIKEからのスポンサー料だけでも2億円にのぼるといわれています。

現在世界ランキング6位につけている白井選手。

パリオリンピックでの金メダル獲得となれば、スポンサー料だけで億近くに上るということも考えられますね。

理由③190万のBMWを一括購入

現在22歳の白井選手は、なんと18歳で中古のBMWを190万円で一括購入しているんです。

ブログランキング

よかったらシェアお願いします
目次