2024年パリオリンピック特集はこちら!

箱根駅伝でドーピング検査は実施される?どんな内容でいつ受けるの?

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています

オリンピックや国際大会ではよく聞かれる『ドーピング検査』。

箱根駅伝でも学生を対象としてドーピング検査が行われているのかどうか気になったのでサクッと調べてみました。

この記事では、

箱根駅伝ではドーピング検査が実施されているのか?
どういった内容でいつ行われているのか?

について書いています!

目次

箱根駅伝でドーピング検査は実施される?

まずは箱根駅伝でドーピング検査が行わるのかどうか、調べたことを紹介していきます。

箱根駅伝でドーピング検査は実施される!

結論からいうと、箱根駅伝でドーピング検査は実施されます

マロ

え~!!知らなかった!

ランナー全員だと時間もかかるので、成績上位チームや好タイムの選手等に抜き打ちで実施されているみたいです。

大会要項にも記載あり

箱根駅伝でドーピング検査があることは、監督・選手は周知しています。

箱根駅伝の開催要項にもきちんと【ドーピング検査】の項目が記載されているんです。

2024年の第100回箱根駅伝の開催要項はコチラ

箱根駅伝のドーピング検査はどんな内容でいつ受ける?

カルテを持っている人

箱根駅伝のドーピング検査の内容

尿検査
採血検査
採尿と採血の両方

①~③のいずれかの方法でドーピング検査が行われます。

ドーピング検査が実施されるのはいつ?

箱根駅伝大会の前後で実施されています。

検査対象となった選手は指示に従って、ドーピングコントロールステーションで検査を受けなければなりません。

ショコ

走り終わった直後の検査はしんどそうだよね・・

あふぃ

抜き打ちだったらいきなり言われるんだろうね

また検査対象になった選手は、顔写真付きの身分証明書を持参しないといけないと決まっています。

箱根駅伝でドーピング違反になった選手はいる?

マラソンランナーの足元

過去の情報ではいない

これまでの箱根駅伝では、過去にドーピング検査で引っかかった選手はいないようです。

もし禁止物質や薬を使用する場合には【TUE申請】というものがあるので、どうしても薬を使用しなければならない選手は、このシステムを利用しているかもしれません。

TUE申請とは?

スポーツ選手がケガや病気の治療のために禁止されている薬を使う場合、TUE申請して承認されれば特例で使用することができるシステム。
申請は『アンチ・ドーピング機構』によって審査され、承認か否認かが判断されます。

箱根駅伝でドーピング違反になったらどうなる?

もし箱根駅伝でランナーがドーピング違反になってしまったら、

各区間記録を含む当該競技者所属大学の全記録を記録なし

という厳しい決まりがあるんです。

マロ

っていうことは順位もつかずに記録なし・・てことだよね

あふぃ

ドーピングに対しては厳しく取り締まってるね

過去の箱根で風邪気味の選手が、薬を飲まずにどうにかやり切ろうとしていたのをTVで見た記憶があるんですがドーピング違反になる恐れがあったからなんですね。

駅伝やマラソンランナーのドーピング検査は厳しい?

顕微鏡

国際大会が絡むとさらに厳しくなる

箱根駅伝でもドーピング検査があるとお伝えしましたが、オリンピックなどの大きな国際大会が絡んでくるとさらに検査が厳しくなるようです。

市民ランナーとして有名になった川内優輝選手も、先日パリ五輪の代表選考会の抜き打ちドーピング検査の厳しさをSNSで発信されていました。

ショコ

4時間監視はつらすぎる・・

また同じ大会に出場した神野大地選手も、ドーピング検査について発信されています。

ドーピング+不正で長期間出場停止

直近ではケニアのT.エキルに対して、ドーピングと検査での改ざんを理由に2022年6月28日から10年間の資格停止処分が科せられました。

日本のマラソン大会にも出場したことのある選手でしたが、残念ですね。

マロ

10年間ってことはもう引退を考えちゃうよね・・

箱根駅伝でドーピング検査は実施される!公平性の観点から必要不可欠

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

箱根駅伝でドーピング検査が実施されているのかどうかについて、疑問は解消できたでしょうか?

今後も箱根駅伝ではドーピング違反なく、クリーンな大会として箱根のランナーたちの姿を純粋に楽しみたいなと願うばかりです!


ブログランキング

よかったらシェアお願いします
目次